アクロバット飛行チーム

2010年10月 4日 (月)

Patrouille Suisse in RIAT2010 その2

引き続きスイス空軍のアクロバット飛行チーム「Patrouille Suisse」のディスプレイ。今回も2010年7月16日に撮影した写真になります。

Patrouille_suisse12_162

Patrouille_suisse13_163

Patrouille_suisse14_164

2機がギアダウンのままバレルロールです。

Patrouille_suisse15_165

5番機(J-3086)と6番機(J-3088)のバック・トゥ・バック?

Patrouille_suisse16_166

4機のファンブレイク?機体下面のホワイトクロスにはグラデーションがかけられています。

Patrouille_suisse17_167

Patrouille_suisse18_168

ソロ機(J-3088)によるロール。「Patrouille Suisse」では5番機(J-3086)がセカンドソロ、6番機(J-3088)がリードソロになります。ちなみにチームリーダーは6番機です。

Patrouille_suisse19_169

5機のデルタフォーメーション。

Patrouille_suisse20_170

5機がサッカーの“ゴール”のようなフォーメーションを組んでいます。

Patrouille_suisse21_171

Patrouille_suisse22_172

ディスプレイを終え着陸した2番機(J-3081)。胴体背部のILSブレードアンテナが目立ちます。

(続く)

【Nikon D300 & SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM】

独り言

今年はヘリの事故が多いな。今週の館山のヘリフェスに影響がありませんように(-"-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

Patrouille Suisse in RIAT2010 その1

スイス空軍のアクロバット飛行チーム「Patrouille Suisse(パトルイユ・スイス)」。1964年に編成されたチームで、Emmen基地というところに所属しているそうです。2010年7月に世界最大の軍用機エアショーとして知られる英国「THE ROYAL INTERNATIONAL AIR TATTOO(通称RIAT)」で見ることができました。

今回は2010年7月16日に撮影した写真になります。

Patrouille_suisse01_151

離陸に備えて滑走路に待機中。使用機は軽戦闘機F-5Eの6機編成です。

Patrouille_suisse02_152

Patrouille_suisse03_153

離陸する2番機(J-3081)。「Patrouille Suisse」は1995年からF-5Eを使用しており、機体は鮮やかな赤白のスイス・カラーに塗られています。

Patrouille_suisse04_154

Patrouille_suisse05_155

こちらは3番機(J-3084)。2基のJ85-GE-21ターボジェット・エンジン(最大推力1,588kg)と後部胴体側面の補助インテイクが開いているのがわかります。しかし旧式戦闘機とはいえF-5はやはりカッコイイ(^_^)。

Patrouille_suisse06_156

Patrouille_suisse07_157

6機のフォーメーション。16日のディスプレイでは天気が悪く、鉛色の空(T_T)

Patrouille_suisse08_158

Patrouille_suisse09_159

スモークは白色なので、鉛色の空では目立たない・・・。機体下面にはホワイトクロスが描かれていますが、斜め描きなのが面白い。

Patrouille_suisse10_160

Patrouille_suisse11_161

4機で一斉にロール。完全な曇天ではなく、場所によっては青空が見えたりするのが英国の天気。

(続く)

【Nikon D300 & SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM】

独り言

同じF-5シリーズを使い、機体色も赤白というトルコの「Turkish Stars」と似た印象を持つ「Patrouille Suisse」。ディスプレイは甲乙つけがたいが、機体の塗装は「Patrouille Suisse」の方が好みだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

Turkish Stars in ケチケメート2008 その3

引き続き「Turkish Stars」のディスプレイです。

Turkish_stars18_012

ハンガリーの青空に紅白塗装が綺麗です。機体下面に「Thunderbirds」のような鳥が紅く描かれています。

Turkish_stars19_013

Turkish_stars20_014

脚を出して2機でフォーメーション・ロールです。

Turkish_stars21_015

カリプソ・パス・・・もどき。ちょっと間隔が遠いかな(^_^;)

Turkish_stars22_016

4機とソロのクロスですが・・・支柱が邪魔だなぁ(-_-メ)

Turkish_stars23_017

5機のフォーメーション・ブレイク!

Turkish_stars24_018

ディスプレイを終え着陸したNF-5A(K-3039)。F-5A/Bシリーズの中でカナダ製CF-5/NF-5の特徴である後部胴体側面の補助インテイクが開いています。

Turkish_stars25_019

同じくNF-5B(K-4017)。安価な軽量戦闘機として一時代を築いたF-5シリーズですが、やはり機動性抜群なのを実感(^_^)

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

日曜日に松島基地航空祭に行ってきたが・・・いやー暑かった(T_T)。そういえば救急車がひっきりなしに来ていたが、あれは熱中症なんだろうな。暑い日はCH-47が火災消火デモの名目で、滑走路や芝に盛大に打ち水でもしてくれれば、少しは和らぐのかも(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月20日 (金)

Turkish Stars in ケチケメート2008 その2

次は「Turkish Stars」ディスプレイです。写真は2008年8月16,17日に撮影したものです。

Turkish_stars08_246

8機のフォーメーション。スモークはトルコ国旗をイメージしてか紅白です。

Turkish_stars09_001

Turkish_stars10_004

Turkish_stars11_005

8機のフォーメーション・ロール。タイトなフォーメーションです。

Turkish_stars12_006_2

Turkish_stars13_007 

タイトなフォーメーションで宙返りです。

Turkish_stars14_008

Turkish_stars15_009

今度は6機のフォーメーション。赤と白のカラーリングが綺麗です(^_^)

Turkish_stars16_010_2

Turkish_stars17_011

NF-5Aによるソロでのディスプレイ。NF-5は主翼構造の強化と空戦フラップとして使用できる前縁フラップにより、F-5シリーズでは格闘戦に秀でています。

(続く)

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

中国に脱北したと思われる複座型MiG-21(中国製F-7?)が墜落したとのニュース。一報は「国籍不明の小型機」というから米国の無人偵察機か?と思ってたら・・・。しかし約200kmも侵入されて中国の防空体制はどうなってることやら。友好国だから油断していたのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

Turkish Stars in ケチケメート2008 その1

トルコ空軍のアクロバット飛行チーム「Turkish Stars(ターキッシュ・スターズ)」。1993年に編成されたチームで、Konya基地というところに所属しているそうです。2008年8月にハンガリー南部のケチケメート空軍基地で開催された「ケチケメート航空ショー」で見ることができました。

Turkish_stars01_239

観覧席の前をタキシングするNF-5A。使用機はオランダから購入したNF-5A/Bで、NF-5は軽戦闘機F-5シリーズの中でも格闘戦に主眼をおいて改良された機体です。

Turkish_stars02_240

NF-5B(K-4017)。尾翼にトルコ国旗をイメージした月と星が描かれています。

Turkish_stars03_241

誘導路をタキシングするNF-5A(K-3015)。2基のカナダ製J85-CAN-15ターボジェット・エンジン(最大推力1,360kg)と下面にアレスターフックが確認できます。

Turkish_stars04_242

滑走路をタキシングするNF-5A(K-3027)。翼端には50galの増槽が取り付けられています。

Turkish_stars05_243

滑走路上でターンするNF-5A(K-3036)。

Turkish_stars06_244

Turkish_stars07_245

滑走路上で離陸を待つ「Turkish Stars」。後部胴体側面の補助インテイクが開いています。8機のNF-5A/Bで編成されており、この時は3-3-2で離陸しました。次回はディスプレイの様子です。

(続く)

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

どんどん数が減っているF-5シリーズ。結構好きな機種なのだが、F-4と同じく絶滅危惧種である。トルコは初期型のF-5A/Bがいまだ現役ということで、まだまだ頑張ってほしいもんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

Krila Oluje in ケチケメート2008

クロアチアのアクロバット飛行チーム「Krila Oluje(クリア・オルエ)」。クロアチア空軍のチームで、チーム名の「Krila Oluje」は英語で「Wing of Storm(嵐の翼)」を意味するそうです。2008年8月にハンガリー南部のケチケメート空軍基地で開催された「ケチケメート航空ショー」で見ました。

Krila_oluje01a

使用機は「ピラタスPC-9M」練習機で、ダルマシア地方ザダル基地の空軍大学インストラクターがパイロットを務めているそうです。写真は駐機中の機体で、コクピットにフードがかかっています。

Krila_oluje02a

Krila_oluje03a

クロアチアという小国だけに5機編成と少なく、機体にはスモーク発生装置も付いていません。

Krila_oluje05a

ディスプレイは編隊によるフライパスが主なものでしたが、高い技量を見せてくれました。

Krila_oluje06b_2

カリプソパス?ケチケメート航空ショーでは以前紹介したセルビアのチームと、このクロアチアのチームが翼を並べており、考えてみるとスゴイ組み合わせです。

Krila_oluje07a

着陸する「Krila Oluje」。チームの歴史が浅いためか、ディスプレイもいまいちという印象でしたが、レアなチームなので見られただけで満足でした(´д`)。

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

Dscn5262a_5

2007年8月のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見掛けた機体。今どき珍しいオートジャイロと思われる。農薬散布用の機体か。

Dscn5263a

説明看板は相変わらずキリル文字・・・(T_T)。しかしこの機体は前方視界が悪そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日)

Surya Kirans in 珠海2008 その4

ディスプレイを終えた「Surya Kirans」が着陸します。

Surya_kiran20a

Surya_kiran21a

ギアダウンして会場上空をパスします。着陸は3機ずつで行われました。

Surya_kiran22a

カラースモークを出しながらの着陸です。・・・しかし酷い大気だな(T_T)。大気汚染なのか、黄砂なのか?

Surya_kiran23a

駐機スペースに帰ってきた「Surya Kirans」。インド国産機(HJT-16キラン2)というレアな機体の9機編成というチームですが、レベルの高さを見せてくれました。しかし中国でインドのアクロチームを見るというのも意外性がありますが、もう少し大気状態は何とかならないものか・・・。

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

Dsc_6595a

2009年8月のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見掛けた機体。水上機のようですが、こりゃまた小さい。水面がよほど静穏じゃないとひっくり返るし、そもそもプロペラが水面を叩かないのか心配。

Dsc_6596a

説明看板は相変わらずキリル文字・・・(T_T)。絵をよく見ると3人乗り!?かなり無茶な機体な気がする・・・一番奥(底)の人って何も見えないのでは?

Dsc_6597a

操縦席はいたってシンプル。アナログ計器だけでなく、液晶ディスプレイも装備しているなど、意外と近代的である。ちなみに液晶ディスプレイは「SONY」製だったりする(・∀・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

Surya Kirans in 珠海2008 その3

引き続き「Surya Kirans」のディスプレイです。

Surya_kiran14a

Surya_kiran15a

3機編隊からのブレイク。

Surya_kiran16a

Surya_kiran17a

5機編隊でのフライパス。この時のディスプレイは何種類かのフォーメーション・パスが多かった気がします。

Surya_kiran18a

Surya_kiran19a

フォーメーションを変えて5機編隊でのフライパス。うーん、空がもう少し晴れて澄んでればなぁ・・・。

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

(続く)

独り言

Dsc_6320a_2

2009年8月のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見掛けた機体。さすがにこれは空は飛ばないだろう。河川や湖沼用の「船」だと思うが、船体に自動車の車体みたいなのを載せてるのが面白い。サイドミラーもついたまま(゚∀゚)。でもドアが無いのだが・・・どこから乗るの?

Dsc_6321a

説明の看板はキリル文字なので意味不明・・・。せめて英語ならなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

Surya Kirans in 珠海2008 その2

次は「Surya Kirans」のディスプレイです。写真は2008年11月9日に撮影したものです。

Surya_kiran08a

9機のデルタフォーメーション。スモークはインド国旗に使われている三色カラーです。

Surya_kiran09a

Surya_kiran10a

1機がソロディスプレイのため別れ、8機でのフォーメーション。三色カラーですが、オレンジがヒンディー教を、緑がイスラム教を、白が両者の和解を示すそうです。

Surya_kiran11a

9機での下向き空中開花です。珠海エアショーは会場から滑走路は酷い逆光になるため写真も真っ白(T_T)。

Surya_kiran12a_2

ソロで飛ぶHJT-16「キラン2」。やはり機首の小翼が気になる・・・。

Surya_kiran13a

1機と5機のクロス。

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

(続く)

独り言

Dscn3409a

黒いハリボテがロシアなら、中国は赤いハリボテ。2006年の珠海エアショーで見掛けたもの。実機と並んで駐機場に置かれていたが、やはり謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

Surya Kirans in 珠海2008 その1

インド空軍のディスプレイチーム「Surya Kirans(スリア・キラン)」の紹介です。2008年11月に中国の珠海エアショーで見ることができました。「Surya Kirans」は1996年に編成されたチームで、インド国内のみならずマレーシアや中国など海外でもディスプレイを行っています。

Surya_kiran01a_2

チームは9機編成によるヨーロピアンスタイルになっています。

Surya_kiran02a_2

使用機材はインド国産練習機のHJT-16「キラン2」と呼ばれる機体です。練習機に一般的なタンデム複座ではなく、横の並列複座となっています。

Surya_kiran03a_3

機体は見事な紅白塗装です。パイロットは赤色の飛行服でバッチリ決めています。

Surya_kiran04a_2

整備員に見送られディスプレイに向かいます。

Surya_kiran05a

機首下部に安定翼があるのが面白い機体です。コクピットを少し開けているようですが何故でしょうか?暑い?

Surya_kiran06a

Surya_kiran07a

いよいよディスプレイ開始です。離陸は3機ずつ行われました。

【Nikon D300 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

(続く)

独り言

Dsc_6532a 

ロシアの航空ショー「MAKS2009」で見かけた新型バットマシン・・・ではなく謎の物体である。飛行機の形はしているが、ただのハリボテ。

Dsc_6717a

何故置いてあったのかサッパリ分からない・・・。ロシアのTVドラマか何かに出てきたのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)