« 館山基地航空祭2011 その2 | トップページ | 館山基地航空祭2011 その4 »

2012年1月31日 (火)

館山基地航空祭2011 その3

引き続き2011年10月9日に開催された館山航空基地開隊58周年記念行事「ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMA」です。

11100921_740

体験搭乗はSH-60Kでも実施されました。

11100922_741

参加者を乗せ離陸した第23航空隊のSH-60K(8407)。この8407号機は館山ではなく舞鶴航空基地の所属機です。

11100923_742

3機でフォーメーションを組んでホバリングするSH-60K。

11100924_743

館山湾を周回して戻ってきたSH-60K(8407)(8410)の各機。

11100925_744

ここからは地上展示機の紹介です。今回の目当てだったのが、砕氷船「しらせ」に搭載されている、しらせ飛行科のCH-101(8192)。ヨーロッパ製のEH101輸送ヘリがベース。

11100926_745

機体後部から。砕氷船「しらせ」の格納庫に収めるため、機体尾部を折り畳めることができます。ちょうど南極観測航海への出発間近だったそうで、タイミングが良かったgood

11100927_746

もう一つの目当てが岩国航空基地第111航空隊のMCH-101(8654)。上記のCH-101と同系統の機体で、こっちは輸送だけでなく掃海も任務。

11100928_747

こちらは海上保安庁羽田航空基地のAS332L1「わかわし」。“ヘリコプターフェスティバル”だけあって、自衛隊以外の機体もいます。

11100929_748

第51航空隊のSH-60K(8402)。この機体も館山ではなく厚木航空基地の所属で、SH-60Kの試作2号機になります。

11100930_749

人だかりができているのは米海軍HSL-51(第51軽対潜ヘリコプター飛行隊)のSH-60B(TA700/164815)。ショーバードと呼ばれる特別塗装機です。

(続く)

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II】【Nikon D80 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

独り言

11100931_750

米海軍HSL-51“Warloads”の部隊マークは、「トライデント(三又槍)を持ったサムライ」。HSL-51は1991年に厚木で編成された部隊なので、部隊マークも日本を意識しているそうなのだが・・・どこから突っ込めばいいのやらcoldsweats01

とりあえず着物(なのか?)の柄がすっごく変だよね・・・

|

« 館山基地航空祭2011 その2 | トップページ | 館山基地航空祭2011 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545947/53864915

この記事へのトラックバック一覧です: 館山基地航空祭2011 その3:

« 館山基地航空祭2011 その2 | トップページ | 館山基地航空祭2011 その4 »