« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月25日 (木)

MAKS 2011 速報

8月17-18日、20-21日とロシア・モスクワ市南東のジュコーフスキー飛行場で開催された「MAKS 2011(モスクワ国際航空宇宙ショー)」に行ってきました。

2年に1回開催されるMAKSですが、2007年に初めて行き今回が三回目。毎度のことながら写真の整理が大変だ(>_<)。というわけでとりあえず今回のMAKSを13点ばかし速報です。

Maks2011_01_552

今回の目玉は何といってもロシア空軍の次世代戦闘機として開発されているスホーイT-50(#52)。MAKS2011での一般公開はアナウンスされていましたが、リモートでのフライパスではなく、離着陸やデモフライトを実施するという、いい意味で期待を裏切ってくれました(*^_^*)

デモフライトは2011年3月3日に進空したばかりの2号機(#52)が実施しました。連日フライトを行いましたが、最終日8月21日は離陸滑走中のエンジントラブル(AL-41エンジンから2度大きな火を吹く)でフライトを取りやめる等のアクシデントがありました。もし離陸直後にトラブルが起きていたら即墜落だったかもしれません。

Maks2011_02_553

前回MAKS2009に引き続きデモフライトを行うSu-35BM(#901)。

Maks2011_03_554

バディ給油のデモを行うMiG-29K(#941)とMiG-35(#154)。MiG-29Kの方は機番からしてMAKS2007で青色塗装だった機体だと思われます。

Maks2011_13_564

雨天でデモフライトを行うMiG-29OVT(#156)。相変わらずの高機動でした。

Maks2011_04_555

4年振りにMAKSに参加した米空軍。デモフライトは48FWのF-15E(91-0303)が行いました。

Maks2011_05_556

前回同様、ラファールCを持ち込んだフランス空軍。このラファールC(113-IZ/121)は、累計30,000飛行時間を達成したことを記念した特別塗装機です。今年はRIATへ行かなかったのですが、まさかロシアでこの塗装機を拝めるとは・・・

Maks2011_06_557

続いてアクロバット飛行チームです。4機のSu-27とSu-27UBで編成されたロシア空軍のディスプレイチーム。2機のSu-27は専用塗装ではなく、通常のSu-27の塗装をしていました。

Maks2011_07_558

創設20周年を迎えたロシア空軍のアクロバット飛行チーム「Russian Knights」。今回も6機編成でディスプレイを行いましたが、6機全機が単座のSu-27でした。いつもは複座のSu-27UBが何機か混じっているのに・・・

他にMiG-29で編成されたロシア空軍のアクロバット飛行チーム「Strizhi」もディスプレイを行いました。

Maks2011_08_559

ラトビアの民間アクロバット飛行チーム「Baltic Bees」。5機のL-39Cでディスプレイを行いましたが、8月18日のフライトで5番機が着陸した滑走路から外れて草地に突っ込むアクシデントがありましたが、幸い機体に大きな損傷は無いようでした。

Maks2011_09_560

5機のL-39で編成されたアクロバット飛行チーム。初めてみるチームで、名前も所属も分かりませんでしたが、ディスプレイは見事なものでした。

Maks2011_10_561

連日デモフライトを行ったエアバスA380(F-WWDD)。機体に納入もしくは納入予定の航空会社が描かれており、日本のスカイマークも描かれていました。

Maks2011_11_562

こちらも連日デモフライトを行ったスホーイ・スーパージェット100。

Maks2011_12_563

クラシック機としてMiG-3(#65)とI-16(#34)もデモフライトを行いました。しかし旧ソ連のレシプロ戦闘機のデモフライトって凄く貴重なのではないだろうか・・・(゜.゜)

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II】

独り言

今回は8月17-18日が晴れ、20-21日は雨でした。前回MAKS2009がほとんど曇天だったことと比べれば、18日が一日中快晴だったのは良かった。今回の写真で青空なのは全部18日撮影。その分、21日は一日中雨天だったせいで風邪を引いてしまった(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

ヨコスカサマーフェスタ2011 その2

8月6日に横須賀港で行われた「ヨコスカサマーフェスタ2011」。後半は主に展示飛行の様子を紹介します。

110806_12_537

護衛艦「ひゅうが」(DDH-181)の傍らで地上展示されていた館山航空基地の第21航空隊所属SH-60J(8271)哨戒ヘリ。機体後部はかなり汚れています。

110806_13_538

水中処分艇に派手なダイバースーツを着た男性が乗っています・・・どうやら“遭難者”に扮した方のようです。この後、海に飛び込み“何か”をジッと待ちます。

110806_14_539

しばらくすると“遭難者”を探しに館山航空基地の第73航空隊所属UH-60J(8962)救難ヘリが飛んできました!遭難者救助の飛行展示の開始です。

110806_15_540

“遭難者”を発見したUH-60Jは、機体に急制動をかけ現場にホバリングを開始します。

110806_16_541

UH-60Jと周囲の状況はこんな感じ。見難いですが、UH-60Jと護衛艦「ひゅうが」の間の海面にピンク色のダイバースーツを着た“遭難者”が浮かんでいます。

110806_17_542

無事に“遭難者”を救助したUH-60J。“遭難者”は何やらマスクを被っていますが・・・濡れたマスクって苦しくないんですかね(゚д゚;)

110806_18_543

遭難者救助が終わったUH-60Jは、続いて展示飛行を行います。砕氷艦「しらせ」の艦上から撮影をしていましたが、その「しらせ」に機首を向けたUH-60J。高度をかなり下げており、ほぼ真正面です。なかなかこういうアングルは撮れません。

110806_19_544

続いてUH-60Jは護衛艦「ひゅうが」の方へ向かいます。ダウンウォッシュの水煙が上がっています。

110806_20_545

こちらも高度を下げていますが、護衛艦「ひゅうが」の飛行甲板が高いので、見学者よりも下に見えます。

110806_21_546

展示飛行を終え離脱していくUH-60J。白とレッドオレンジの機体色がキレイです。

110806_22_547

展示飛行の次は、260トン型曳船2隻による放水展示がありました。

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II】【Nikon D80 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

独り言

17日からのMAKS2011(モスクワ国際航空宇宙ショー)に行ってくる。今回の目玉はロシアの新鋭機スホーイT-50をどこまで見せてくれるか。リモートのフライパス以上だといいな!前回と違って天気予報も良さそうだし、楽しみconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

ヨコスカサマーフェスタ2011 その1

8月6日に横須賀港で行われた「ヨコスカサマーフェスタ2011」に行ってきました。天気は良かったのですが、暑かった・・・

110806_01_526

横須賀駅を降りて目に飛び込んできたのが、今回お目当てだった護衛艦「ひゅうが」(DDH-181)で、逸見岸壁に係留されています。護衛艦「ひゅうが」は第1護衛隊に所属しており、横須賀港を定係港にしています。

110806_02_527

近くで見ると大きい!高い!自衛隊初の空母型護衛艦で、平成21年3月18日に就役したばかりの新鋭艦です。飛行甲板まで水面から約15mあるとか。 

110806_03_528

艦内を一般公開していたので乗艦しました。岸壁から格納庫に入り、前部エレベーターで飛行甲板に登ります。

110806_04_529

全長195m、幅33mの飛行甲板は広かったです。右舷側に配置された艦橋(アイランド)には、射撃指揮装置FCS-3の白いアンテナ(四角い板状)が目立ちます。艦橋前の白いドームは衛星通信装置(NORA-7)です。

110806_05_530

飛行甲板から格納庫へ降りるのは、後部エレベーターを使います。ちょうどリフトアップしてきたところです。

110806_06_531

護衛艦「ひゅうが」を艦尾方向から見ます。飛行甲板上に大勢の見学者がいますが、改めて艦の大きさに驚かされます(米海軍の強襲揚陸艦と比べると小さいのですが・・・)

110806_07_532

当日は様々な艦船がいましたが、砕氷艦「しらせ」(AGB-5003)。こちらも平成21年5月に就役した新鋭艦です。去る4月5日に南極から帰ってきたそうです。

110806_08_533

こちらは向かって右から護衛艦「いかづち」(DD-107)、試験艦「あすか」(ASE-6102)、護衛艦「やまゆき」(DD-129)。

110806_09_534

各艦とも一般公開をしており、多数の見学者が乗艦していました(艦内には入れず)。

110806_10_535

こちらは向かって右から潜水艦「おやしお型」、護衛艦「さわゆき」(DD-125)、護衛艦「はるさめ」(DD-102)。潜水艦は対象者限定で内部を公開していたようです。

110806_11_536

もう一隻見かけた潜水艦「おやしお型」。潜水艦は艦番号が描いてないので、艦名が分からない(T_T)。セイルに吸音タイルが貼られているのが見えます。

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II】【Nikon D80 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

(続く)

独り言

横須賀土産といえば、「横須賀海軍カレー」のレトルトだと思っているが、一食(一箱)500円は高いなぁ。前から500円据え置きな気がするが、安売りのご時世でも安くならないのは何故だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

マリンフェスタ2011 in 木更津

7月23日,24日に木更津港で行われた「マリンフェスタ2011 in 木更津」に行ってきました。木更津港でのイベントに行くのは、2009年10月以来です。

110723_01_514

木更津港木更津南部地区の公共ふ頭岸壁(水深-12m)に係留されている護衛艦「やまゆき」(DD-129)。第11護衛隊に所属しており、横須賀港を定係港にしています。

110723_02_515

入港歓迎式で木更津市長から歓迎をうける護衛艦「やまゆき」。この後、声優さんの「一日艦長」任命式もありました。

110723_03_516

体験航海の参加者を乗せ岸壁を離れる護衛艦「やまゆき」。護衛艦「やまゆき」は、「はつゆき」型の8番艦として昭和60年12月3日に竣工した艦齢26年のベテラン護衛艦です。

110723_05_518

タグボート2隻の支援を受けて回頭しています。

110723_06_519

回頭が完了し、沖合に向け移動を開始する護衛艦「やまゆき」。ヘリコプター発着甲板上は体験航海の参加者で溢れています。背景に写っているのは新日鐵の君津製鉄所です。

110723_07_520

護衛艦が出港した後、会場に飛来した第21航空隊のSH-60K(8431)。

110723_08_521

護衛艦の搭載機というより、別途館山航空基地から派遣されたようです。

110723_09_522

体験航海中の護衛艦の上空ではデモフライトを行っていたようですが、会場にも飛来してくれました。

110723_10_523_2

体験航海を終えた護衛艦「やまゆき」が木更津港沖に帰ってきました。背景に見えるガントリークレーンは横浜港のコンテナターミナルです。

110723_11_524

帰りも安全のためタグボートの支援を受けています。

110723_12_525

着岸した護衛艦「やまゆき」。帰りの渋滞に巻き込まれないように早々に会場を離れ、原木の水面整理池越しに撮影しました。

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II】【Nikon D80 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

独り言

やはり車があると便利だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »