« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

MiG-29 in MAKS2009 その1

今回は2009年8月のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見かけたMiG-29です。

Mig29k80401_513

デモフライトはありませんでしたが、地上展示だけされていたMiG-29K(#804)。2007年のMiG-29Kは試作機でしたが、こちらは量産機になります。既にインド軍機の塗装済みです。

Mig29k80402_510

コクピットを見ると後部座席が無いので、複座型KUBではなく単座型のMiG-29Kであることがわかります。 インド軍機のラウンデルが描かれていますが、低視認タイプではなく、かなり大きめに描かれています。

Mig29k80403_511

正面から。主翼の折り畳み状態がわかります。

Mig29k80404_512

別の日に撮影したMiG-29K(#804)。コクピットにはカバーが掛けられています。こう見ると試作機と量産機では、違いが殆どないようです。

【Nikon D80 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

独り言

中国の新幹線事故が話題になっているが、そういや日本の新幹線に乗ったのって2009年10月の「サンダーバーズ」追っかけで浜松と三沢に行ったきりだな。新幹線に乗った回数よりも飛行機の回数の方が圧倒的に多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

MiG-29 in MAKS2007 その2

引き続き2007年のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見たMiG-29です。

Mig29kub94701_504

地上展示されているMiG-29KUB(#947)。こちらは複座型の試作1号機になります。

Mig29kub94702_505

正面から見ると主翼の折り畳みによって、駐機スペースは小さく、空母上での取り扱いが良さそうです。機首左側に引き込み式給油プローブがあるのが分かります。

Mig29kub94703_506 

機体左側のLEX部に収納式の搭乗用ハシゴがあります。このギミックはMiG-29Kシリーズのオリジナルなのか、旧世代MiG-29からあったものなのか・・・。

Mig29kub94704_507

離陸するMiG-29KUB(#947)。天気はあいにくの曇り空です。

Mig29kub94705_508

外観は前回紹介したMiG-29Kとそっくりですが、MiG-29KUBは複座型ですので、後席にも搭乗員が乗っています。

【Nikon D80 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

今年のMAKS2011だが、公式HPを見るとフランス空軍のラファール・デモチームが2009年に引き続き来るようだ。また、米空軍も2007年から4年振りに参加とか。2007年の時はF-15Cのデモがあったが、今年はF-15Eか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

MiG-29 in MAKS2007 その1

今年8月にMAKS2011(モスクワ国際航空宇宙ショー)が開催されますが、開催前に2007年8月のMAKS(モスクワ国際航空宇宙ショー)で見かけた機体の紹介です。

まずは、青色の塗装が印象的だったMiG-29Kから。

Mig29k94101_491

離陸するMiG-29K(#941)。MiG-29の艦上戦闘機型で、インド海軍の新空母用に開発された機体です。ロシア海軍では採用の予定は無いようですが、Su-33が老巧化したら後継機の可能性もあるかもしれません。

Mig29k94102_492

1980年代に旧ソ連空母向けのMiG-29Kという機体がありましたが、このMiG-29K(#941)は旧型MiG-29ではなく、新世代型MiG-29をベースにしています。機体番号941は、MiG-29Kの試作1号機になります。

Mig29k94103_493

新世代MiG-29は、クリモフRD-33MKターボファンエンジンを採用しています。従来のRD-33はエンジンからの黒煙が酷かったのですが、RD-33MKはかなり改善されているようです。

Mig29k94104_494

機体背面をみせるMiG-29K(#941)。新世代MiG-29は主翼が拡大されており、旧型の翼幅11.36mから11.99mになっています。

Mig29k94105_495

アフターバーナーを点火して旋回するMiG-29K(#941)。搭載エンジンのRD-33MKは、オリジナルのRD-33に対して7%以上推力が向上しています。

Mig29k94106_496

機体腹面をみせるMiG-29K(#941)。F-2と同じように下面も青色に塗装されているのが面白いです。

Mig29k94107_497

脚部とアレスティングフックを下げて滑走路上をパスするMiG-29K(#941)。艦上戦闘機型なので、当然アレスティングフックが付いています。

Mig29k94108_498

MiG-29K(#941)は単座型ですが、複座型MiG-29KUBと同じキャノピーを装備しています。そのため見た目は区別がつきにくいのですが、単座型のMiG-29Kは写真のように後席に座席は無く、代わりに燃料タンクが追加されています。

Mig29k94109_499

着陸したMiG-29K(#941)。LEX部にボーテックス・コントローラーと呼ばれる長方形のフラップが開いているのがわかります。

Mig29k94110_500

艦上戦闘機型ですから、主翼の折り畳みも可能です。着陸後、自走しながら折り畳みを行っていました。

Mig29k94111_501

Mig29k94112_502

狭い空母艦上でのハンドリングの良さをアピールするためか、滑走路上で機体向きを360度旋回するデモを行いました。

【Nikon D80 & AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)】

独り言

しばらく国産牛肉は食べないことにしよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

百里基地外撮り(2011.6.24)

6月24日に百里基地で“外撮り”した写真を紹介します。三か月半振りに百里へ行きましたが、今回の目的は新しく購入したニコンの“AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II”と“TC-20EIII’の試し撮り。

11062401_482

R/W21Lに着陸進入してきた第305飛行隊のF-15J(62-8958)。当日は晴れの天気予報だったのですが、実際は雲りがちな天気でした。

11062402_483

第305飛行隊のF-15J(62-8869)。撮影場所は3月の時とは反対側に変えましたが、電線や木が多く、なかなか難しい場所だった・・・

11062403_484

続いてR/W21Lに着陸する第302飛行隊のF-4EJ改(47-8345)。うーん、テレコン“TC-20EIII”をつけると暗くなるなぁ

11062404_485

345号機は、胴体前方下にAN/ALQ-131(V)ECMポッドを搭載しています。

11062405_486

第302飛行隊のF-4EJ改(17-8437)。

11062408_489

第302飛行隊のF-4EJ改(57-8357)。長らく飛行開発実験団所属だった機体で、2009年10月の岐阜基地祭でも、同団所属のマーキングでした。今は実働部隊へ配備されたようですね。

11062409_490

第302飛行隊のT-4(16-5668)。撮影は午前中のものです。所用のため午後一に撤収しました。

【Nikon D300 & AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II & TC-20EIII】

(続く)

独り言

初めての“328”でしたが、流石に重い!描写力は高いのですが、D300込だと4kgあるので、腕がもたない(T_T)。一脚は必須ですね。あと、当たり前の話だが、曇りのときはテレコンを外そう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »