« 習志野駐屯地祭2010 その1 | トップページ | 霞ヶ浦航空学校祭2010 その1 »

2010年4月10日 (土)

習志野駐屯地祭2010 その2

引き続き4月4日に開催された習志野駐屯地創立59周年記念行事の模様です。

基地や駐屯地には用廃になった車両や機体が置かれていることが多いのですが・・・注意して見ると小さな発見があったりします。

10040410_011

10040411_012

今回見つけたのはローターやエンジンを取り外されたCH-47J(52904) 。この機体は2009年10月4日の木更津駐屯地航空祭で飛んでるのを見たので、最近用廃になった機体なのでしょう。

10040412_021

つい半年前の木更津駐屯地で撮影した現役だった頃の一枚。用廃機の中にはスクラップになる機体もいるでしょうから、それを考えると幸運な機体なのでしょう。

10040413_014

駐屯地内にある「空挺館」。第1空挺団の資料及び旧日本陸軍落下傘部隊・騎兵連隊関係の資料の展示館です。建物は築100年近いとか。

10040414_015

10040415_016 

空挺館の脇に展示されているのが、旧陸軍の「九四式37mm速射砲」です。いわゆる対戦車砲ですが、旧軍の火砲は残存しているものが少なく、しかも綺麗な状態なものは大変貴重です。

10040416_017

この砲を2008年4月6日に撮影した写真ですが、当時は相当傷んでいました。ちゃんと整備されていて安心しました。

10040417_018

駐屯内にある「日本騎兵の碑」。

10040418_019

桜の木の下に自衛隊車両が停められていますが、桜と自衛隊車両の塗装は実に似合うと思います。できれば桜の下で観閲行進している絵が撮りたかった・・・。

【Nikon D300 & AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-F5.6G ED VR】

独り言

08040602

今回の習志野駐屯地祭はイベントが無くて残念だった。写真は2008年の一枚。あの時は天気も良く観閲行進もあったのだが・・・桜をバックに綺麗だったな。来年はどうなるのだろうか?

|

« 習志野駐屯地祭2010 その1 | トップページ | 霞ヶ浦航空学校祭2010 その1 »

コメント

小生は昭和20年6月に230師団迫撃砲大隊に応召したものですが、学生時代の軍事教練の教官がノモンハン事件の速射砲中隊の中隊長で、金鵄勲章を拝領したもさで、実地に即応した訓練は入隊後役立ちました。
一度速射砲を見たいものですが、寄る年波で習志野までいけるかどうかわかりません。

投稿: 湯山洋三 | 2016年11月20日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545947/48046172

この記事へのトラックバック一覧です: 習志野駐屯地祭2010 その2:

« 習志野駐屯地祭2010 その1 | トップページ | 霞ヶ浦航空学校祭2010 その1 »